GLOCOLセミナー(85)/ FIELDOグローバル・エキスパート連続講座(11)

120620チラシ

世界難民の日「難民の第三国定住に関するIOMの活動」

World Refugee Day
"IOM activities" on Refugee Third Country Resettlement

講師:William Barriga(国際移住機関(IOM)駐日事務所 代表)

コメント:村上正直 国際公共政策研究科(OSIPP)
司会:安藤由香里 グローバルコラボレーションセンター(GLOCOL)

日 時:
2012年6月20日(水) 18:00~19:30
場 所:
大学会館 講堂(大阪大学豊中キャンパス)→アクセス
参 加:
無料、事前申し込み要、英語講演・通訳無し
「6/20難民の日」と明記して、「名前、所属、連絡先」を記載のうえ、info@glocol.osaka-u.ac.jp までお申し込みください。当日参加も可能です。
主 催:
大阪大学グローバルコラボレーションセンター
共 催:
大阪大学OSIPP国連政策研究センター

2000年12月4日の国連総会決議55/76によって、1951年難民条約が採択されて50周年となる2001年から毎年6月20日は「世界難民の日」となりました。世界難民の日は、難民について理解を深める日です。
大阪大学グローバルコラボレーションセンターと国際公共政策研究科は、本年後期から新科目「難民問題から世界を見る」を始めるにあたり、難民についての理解を深めるために、国際移住機関駐日代表をお招きして、難民の第三国定住についてお話いただきます。

講師紹介

William Barriga(ウィリアム・バリガ)

国際移住機関(IOM)駐日代表。1988年、IOM、フィリピン一次庇護キャンプ事務所で、インドシナ難民第三国定住支援担当としてIOMにおける勤務を開始。1990年、湾岸戦争による人道危機へのIOM緊急対応チームとしての任務に当たり、その後1992年のジュネーブ本部での緊急支援課(後の緊急・紛争後支援課)設置に携わる。1997年、タイ事務所に赴任。南部フィリピン和平プロセス、カンボジア、東ティモール、西ティモールなどに関する支援事業を担当する。2000年より、ジュネーブ本部緊急・紛争後支援課 上級緊急支援担当官。2004年、労働移住部部長に就任。2010年7月、IOM駐日代表に着任。

お問い合わせ

大阪大学グローバルコラボレーションセンター:e-mail info@glocol.osaka-u.ac.jp

当日の様子

William Barrigaの講義PPT(»» PDF) / 村上正直:OSIPPの講義PPT(»» PDF

セミナーの様子セミナーの様子
セミナーの様子セミナーの様子
セミナーの様子セミナーの様子