GLOCOLセミナー(80)
1201hakurakuチラシ

伯楽連続セミナー

社会に組み込まれた技術を目指して

日 時:
2012年1月12日(木)・19日(木)・26日(木) 17:00~19:00
場 所:
大阪大学工学部U2棟211号室(吹田キャンパス)→アクセス
参 加:
無料、事前申し込み要
info@glocol.osaka-u.ac.jpまでお申し込みください。当日参加も可能です。
主 催:
大阪大学グローバルコラボレーションセンター

現代生活は、エネルギー資源によって支えられています。石油や天然ガスなどの化石燃料は埋蔵量に限りがあり、二酸化炭素排出などによる環境問題も引き起こしています。また、原子力については東日本大震災による福島第一原子力発電所事故により不安を感じている人も多いでしょう。しかし、環境にもやさしく、今の暮らしの利便性を保つことのできる再生可能エネルギーへの転換は容易ではありません。

このエネルギー問題をテーマにGLOCOLでは3週にわたって、連続セミナーをおこないます。長年それぞれの専門分野で研鑽を積んだ「伯楽」たちとともに、じっくり多方面からエネルギー問題を考えてみましょう。

第1回:1月12日(木)17:00-19:00
宮本和久(大阪大学名誉教授・GLOCOL特任教授)
 「環境・エネルギー問題を考える:微細藻類による環境浄化、エネルギー生産」

第2回:1月19日(木)17:00-19:00
姉崎正治(大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程・元住友金属工業㈱総合技術研究所研究主幹)
 「環境とエネルギーと人生」

第3回:1月26日(木)17:00-19:00
辻 毅一郎(大阪大学名誉教授・工学研究科招へい教授)
 「原発問題と節電」

※ 伯楽(はくらく):中国周代にいた馬の良否を見分ける名人が語源です。そこから転じて、人の資質・能力などを見抜く力のある人。また、その資質・能力を引き出すのに巧みな人といった意味で使われます。

お問い合わせ

大阪大学グローバルコラボレーションセンター
e-mail info@glocol.osaka-u.ac.jp

当日の様子

セミナーの様子セミナーの様子
セミナーの様子セミナーの様子
セミナーの様子セミナーの様子