GLOCOLセミナー(78)/ FIELDOグローバル・エキスパート連続講座(9)
111117チラシ

日本発、防災NPOの挑戦:

アジアの災害リスクは減らせるか

講師:中川裕子(特定非営利活動法人SEEDS Asia事務局長)

日 時:
2011年11月17日(木) 12:00~13:30
場 所:
大阪大学ステューデントコモンズ セミナー室1(豊中キャンパス)→アクセス
参 加:
無料、事前申し込み要
(1)名前、2)所属、3)希望するセミナー名を記載のうえ、fieldo_jimu@glocol.osaka-u.ac.jp までお申し込みください。当日参加も可能です。
主 催:
大阪大学グローバルコラボレーションセンター

世界の災害のおよそ40%はアジアで発生していますが、災害によるアジアの死者数は全体の60%、被災者にいたっては全体の90%がアジアに集中しています。気候変動や急激な都市化は、アジアの都市を災害に脆弱なところにしていき、そのリスクは年々高まっている といえます。

自然災害により被害をうけるリスクをできるだけ少なくするためにはどうすればよいか。建物などのハード面の強化も非常に重要ですが、あまりお金がなくてもできること。それは、まずは災害について知ること。そしてその対処方法について学び、実践することです。

シーズアジアの活動の紹介を通して、様々なアクターが活動する中、日本のNPO/NGOとして活動することの意義、NGOスタッフとして働くとい うこと、などについてお話します。

講師紹介

中川裕子(なかがわゆうこ)

特定非営利活動法人SEEDS Asia(シーズアジア)事務局長。
1967年兵庫県生まれ。神戸大学大学院国際協力研究科修士課程終了。民間企業勤務の後、国連地域開発センター(UNCRD)防災計画兵庫事務所、国連環境計画(UNEP)を経て、2006年から現職。シーズアジアでは「人間の安全保障」「防災と開発」「環境管理」「コミュニティ防災」などのテーマのもと、アジア太平洋地域の災害リスク軽減や環境問題に取り組む。これまで、パキスタン、モルジブなどでプロジェクトを実施し、現在は2008年にサイクロンに見舞われたミャンマーやベトナムなどで活動中。

お問い合わせ

大阪大学グローバルコラボレーションセンター:e-mail fieldo_jimu@glocol.osaka-u.ac.jp

当日の様子

*発表資料をウェブサイトに掲載する予定でしたが、講師所属機関の意向により掲載不可となりましたのでご了承ください。

セミナーの様子セミナーの様子