第77回 GLOCOLセミナー / FIELDOグローバル・エキスパート連続講座(8)
111014チラシ

アフリカの紛争解決と平和構築を志す人へのメッセージ

― 現場での人道支援活動を通して

日 時:
2011年10月14日(金) 17:00~19:00
場 所:
大阪大学ステューデントコモンズ セミナー室1(豊中キャンパス)→アクセス
参 加:
無料、事前申し込み要
(1)名前、2)所属、3)希望するセミナー名を記載のうえ、fieldo_jimu@glocol.osaka-u.ac.jp までお申し込みください。当日参加も可能です。
主 催:
大阪大学グローバルコラボレーションセンター
共 催:
大阪大学OSIPP国連政策研究センター

米川正子氏は、イギリス留学、イスラエルでのボランテイア活動、そして犬養道子氏の『人間の大地』がきっかけで、現場で働きたいという思いを抱くようになり、国連ボランテイアとしてアフリカ大陸へ渡った。そこで、コンゴ民主共和国とルワンダにおける難民・紛争・平和構築の分野にのめり込むことになった。

なぜコンゴとルワンダか?それは国際社会への怒りがあるからだと氏は語る。コンゴ東部は1990年代にルワンダ虐殺の飛び火を受け、「アフリカ第1次大戦」とも呼ばれた一連の2度にわたる戦争があった。それ以降、暴力、病気、飢え等によるコンゴ東部の死者数は540万人にのぼっている。これは第2次世界大戦後、最大の犠牲者数に当たり、現在もまだ不安定状態が続いている。 世界最大の国連平和維持活動(PKO)、国連における歴史上最大の「民主的な」大統領選挙、大規模な武装解除プログラム、様々な和平協定、VIPの訪問といった西欧諸国の「努力」にもかかわらず、状況はなかなか改善しない。

IT(情報技術)に依存している日本人の生活も、コンゴにある資源のおかげで成り立っており、コンゴの紛争と無関係とは言えない。しかし、国際社会はこの問題を認識しながらも、加害者を非難することはない。なぜ資源の存在がコンゴ人の恩恵ではなく、呪いになるのか。なぜ無罪のコンゴ市民が難民や国内避難民として居続けないといけないのか。なぜ現地の女性が性的暴力の犠牲者であり続ける必要があるのか。本セミナーでは、理論と現場のギャップを問いながら、これらの問題を考えていく。

講師紹介

米川正子

南アフリカ・ケープタウン大学院で修士号取得(国際関係)。国連ボランティアでカンボジア、リベリア、南アフリカ、ソマリア、タンザニアとルワンダで活動。UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)職員として、ルワンダ、ケニア、コンゴ民主共和国、ジュネーブ本部で勤務。JICA(国際協力機構)本部で客員専門員(アフリカの平和構築)。2009年11月より、宇都宮大学で特任准教授。主著に『世界最悪の紛争「コンゴ」~平和以外に何でもある国』(創成社)など。http://www.japanforunhcr.org/act/a_africa_drc_03.html

お問い合わせ

大阪大学グローバルコラボレーションセンター
e-mail fieldo_jimu@glocol.osaka-u.ac.jp

当日の様子

アフリカや平和構築に関心をもつ参加者91名が、紛争国の難民、武装勢力等の重い現実に衝撃を受けながらも、国連の役割、私たち一人一人ができることを考えました。 当日発表資料

セミナーの様子セミナーの様子
セミナーの様子セミナーの様子