シンポジウム
111002チラシ

フィールドは世界だ:

グローバル人材の育成と企業、国連、NGO、大学の取り組み

日 時:
2011年10月2日(日) 13:00~17:00
場 所:
千里ライフサイエンスセンター
 5Fサイエンスホール(第1部)/ 5F会議室(第2部)
(豊中市新千里東町1丁目4-2) →アクセス
参 加:
無料、要事前申し込み、当日参加可
1)名前、2)所属、3)希望するセミナー名を記載のうえ、fieldo_jimu@glocol.osaka-u.ac.jp までお申し込みください。当日参加も可能です。
主 催:
大阪大学グローバルコラボレーションセンター
後 援:
箕面市・箕面市教育委員会
豊中市・豊中市教育委員会
吹田市・吹田市教育委員会

今、国際的に活躍できる「グローバル人材」が求められています。グローバル人材とは、「世界的な競争と共生が進む現代社会において、日本人としてのアイデンティティを持ちながら、広い視野に立って培われる教養と専門性、異なる言語、文化、価値を乗り越えて関係を構築するためのコミュニケーション能力と協調性、新しい価値を創造する能力、次世代までも視野に入れた社会貢献の意識などを持った人間」(「産学官によるグローバル人材の育成のための戦略」より)とされています。海外留学や勤務を望まない若者が増え、いわゆる「内向き傾向」が指摘されていますが、一つには海外とのつながりや、やりがいが見つけにくいからかもしれません。そのような「内向き傾向」の中でも、世界で活躍されている日本人は企業、国連、NGO等様々な分野でいます。若者にとって「ロールモデル」となるような先輩方から直接刺激を受け、将来グローバルな舞台で活躍できる人材が増えていくことが期待されます。

高等教育を担う大学も国際化への対応が求められている中、大阪大学は、国際性の強化を図ることを教育目標とし、その一環として2007年にグローバルコラボレーションセンターを設立しました。同センターは、国際協力と共生社会に関する研究をさまざまな学問分野で推進し、真の国際性を備えた人材養成のための教育を開発するとともに、その成果等にもとづく社会活動を実践することを目的としています。2010年には同センター内に「海外体験型教育企画オフィス(FIELDO)」を設置し、学生の海外における実務と学習機会を提供しています。

本シンポジウムでは、若者の「ロールモデル」となる各分野の専門家を招き、若者に対して世界で働くことの意義ややりがいについて語ってもらいます。また、大阪大学における取組をご紹介するとともに、海外体験型教育実習に参加した大阪大学の学生による報告も行います。

  ※中高生の方も、ぜひご参加ください※

プログラム

第1部:シンポジウム(13:00-15:00)
基調講演:「BOPビジネスで世界を変える」
  小田兼利・日本ポリグル株式会社 代表取締役会長

パネルディスカッション:「国連・NGOで働く」
パネリスト:瀬谷ルミ子・日本紛争予防センター事務局長
       山下真理・国連広報センター所長

モデレーター:敦賀和外・大阪大学グローバルコラボレーションセンター特任准教授


第2部:学生報告会 (15:30-17:00)
 参加者:フィールドスタディ等に参加した大阪大学の学生による報告会

パネリスト略歴

小田兼利(おだかねとし)日本ポリグル株式会社 代表取締役会長

大阪大学基礎工学部卒。カリフォルニア工科大学にて博士号取得。符合式のオートドアロックや光電マークなど世界的に普及する発明の他、ポリグルタミン酸を使った水質浄化剤を発明。2002年日本ポリグル株式会社を創設。同社の代表取締役会長。経済産業省BOPビジネス支援センター運営協議会委員、NPO法人国際ボランティア学生協会特別顧問を兼任。

瀬谷ルミ子(せやるみこ)JCCP(認定NPO法人 日本紛争予防センター) 事務局長

中央大学総合政策学部国際政策文化学科卒。英ブラッドフォード大学 紛争解決学修士課程修了。ルワンダ、アフガニスタン、シエラレオネ、コートジボワール等で国連PKO、外務省、NGOの職員として勤務。専門は紛争後の復興、平和構築、治安改善(SSR)、兵士の武装解除・動員解除・社会再統合(DDR)など。アフリカのPKOセンターで軍人、警察、文民の訓練カリキュラム立案や講師も務める。第二回秋野豊賞受賞。2009年Newsweek日本版「世界が尊敬する日本人100」に選ばれる。2007年4月より現職。

山下真理(やましたまり)国連広報センター所長

上智大学法学部卒。フレッチャー法律外交大学院で修士号取得。山下氏の国連でのキャリアは20年に及び、1990年12月、事務総長の情報収集調査室の政務官補佐として国連に加わり、その後政治局選挙支援部(1992~2001年)にてアフリカ、アジアおよび中南米で20件以上の選挙支援プロジェクトを担当、欧州安全保障協力機構(OSCE)・国連アルメニア合同活動の国連側調整官(1994年)、国連東スラボニア、バラニャおよび西スレム暫定機構(UNTAES)の次席選挙事務官(1996~1997年)、南部アフリカ担当政務官(2001~2007年)としてアンゴラ、北部ウガンダおよびジンバブエ担当の事務総長特別代表の支援、国連政治局東南アジア・太平洋チームのリーダー(2007~2010年)として、ミャンマーやフィジー、東ティモール、東南アジア諸国連合(ASEAN)関係と調停支援、国連ネパール・ミッション(UNMIN)の政務室長を歴任後2010年7月より現職。

お問い合わせ

大阪大学グローバルコラボレーションセンター:e-mail fieldo_jimu@glocol.osaka-u.ac.jp

当日の様子

第1部 125名、第2部 79名の参加があり、専門家や学生の報告をふまえて、世界を舞台として活動することの意義について考えました。 ※当日資料(第2部): パラオ1 パラオII タイ フィリピン

セミナーの様子セミナーの様子
セミナーの様子セミナーの様子
セミナーの様子セミナーの様子
セミナーの様子セミナーの様子
セミナーの様子セミナーの様子
セミナーの様子セミナーの様子
セミナーの様子セミナーの様子
s