GLOCOL/ヒューライツ大阪 セミナー
110926チラシ

東部アフリカ・大湖地域における大規模人権侵害の現状と今後の見通し

-コンゴ、ウガンダ、ルワンダの事例を中心として-

講師:Roland Adjovi氏
(アルカディア大学(タンザニア分校)教授、元ルワンダ国際刑事裁判所シニアリーガルオフィサー)

日 時:
2011年9月26日(月) 16:30~18:30
場 所:
大阪大学文系総合研究棟3階L4講義室(豊中キャンパス)→アクセス
言 語:
英語、逐次通訳あり
参 加:
無料、事前申し込み必要
1)名前 2)所属 3)希望するセミナー名を記載のうえ info@glocol.osaka-u.ac.jp までお申し込みください。当日参加も可能です。
主 催:
大阪大学グローバルコラボレーションセンター
共 催:
(財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)

国際刑事裁判所(ICC)が直面するコンゴ民主共和国、ウガンダの大規模人権侵害、また、ルワンダ国際刑事裁判所(ICTR)の事例を中心に、東部アフリカ、大湖地域における国際刑事司法の現状について取り上げる。同地域でのジェノサイド、人道に対する罪、戦争犯罪等の大規模人権侵害は、国連安全保障理事会、人道支援機関をはじめとして注目が集まっているにもかかわらず、日本ではあまり議論されることがない。国際社会はどのような形でこの問題にかかわろうとしているのか。解決の見通しは果たしてあるのか。どのような解決方法が模索されているかについて、ICTRではリーガルオフィサーとして実際の事例を扱い、現在はタンザニアで教鞭をとっているAdjovi氏を招き、現状と今後の見通しについて考えていく。

講師略歴

Roland Adjovi

弁護士、パリ大学大学院修士課程(政治学)修了。国際刑事裁判所、ルワンダ国際刑事裁判所、アフリカ連合関連の団体、人権団体等で勤務。アメリカ、フランスでも教鞭。

お問い合わせ

大阪大学グローバルコラボレーションセンター:e-mail info@glocol.osaka-u.ac.jp

当日の様子

セミナーの様子セミナーの様子
セミナーの様子セミナーの様子