GLOCOLセミナー(76)/ FIELDOグローバル・エキスパート連続講座(7)
110714チラシ

国連機関(ユニセフ)で働くということ

特に保健医療分野における役割と活動

講師:國井 修(ユニセフ ソマリア事務所)

日 時:
2011年7月14日(木) 17:30~19:00
場 所:
大阪大学保健学科第2講義室(吹田キャンパス)→アクセス
参 加:
無料、事前申し込み要
(1)名前、2)所属、3)希望するセミナー名を記載のうえ、fieldo_jimu@glocol.osaka-u.ac.jp までお申し込みください。当日参加も可能です。
主 催:
大阪大学グローバルコラボレーションセンター
共 催:
大阪大学医学系研究科「健康医療問題解決能力の涵養」教育プログラム

日本の僻地医療、NGO、大学、ODA(外務省、JICA)などを経て、今なぜ国連(ユニセフ)で仕事をしているのか。特に保健医療分野でのユニセフや他の国連機関の役割と活動を、NGOやJICAと比較してお話しいただきます。また東日本大震災では日本ユニセフ協会のフィールドマネジャーおよび宮城県災害保健医療アドバイザーとして2ヶ月間支援活動に携わってこられたため、その活動と教訓についてもお話しいただきます。
※本セミナーはGLOCOL科目「グローバル健康環境」の授業の一環として行われるものですが、一般公開とします。

講師紹介

國井 修

1988年自治医科大学卒業、公衆衛生学修士(ハーバード大学)、医学博士(東京大学)。5年間内科医として大学病院、僻地診療所などで勤務しながら国際緊急援助NGO(AMDA)の副代表として創設に関わり、ソマリア、カンボジア、バングラデシュなどの緊急医療援助に従事。自治医大衛生学(助手)、国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力課(厚生技官)、2000年東京大学国際地域保健学(講師)として、主にODAの技協・無償・有償資金協力プロジェクトの企画・実施・評価、文部省の国際研究プロジェクトの実施、JICAなどの国際開発・緊急援助に従事。2001年には外務省では専門家任用付制度の第一号として外務省経済協力局調査計画課(課長補佐)に採用され、5年間で3000億円以上のプロジェクト、沖縄感染症対策イニシアティブの監理・運営および国際保健援助政策の助言などを行う。その後、長崎大学熱帯医学研究所附属熱帯感染症研究センター(教授)、UNICEFニューヨーク本部(シニア保健戦略アドバイザー)、UNICEFミャンマー事務所(保健栄養部長)を経て、現在は国連児童基金(UNICEF)ソマリア支援センター 保健・栄養・水衛生事業部長。これまで、110カ国以上で緊急援助、開発事業、調査研究、教育に携わる。

お問い合わせ

大阪大学グローバルコラボレーションセンター:e-mail fieldo_jimu@glocol.osaka-u.ac.jp